パソコンのデータを復活させる方法~救いハ専門家ニアリ~

ハードディスクが故障した際の対処方法とは

行なうべきこと

hdd認識しない場合においてやるべきこと

私たちが普段パソコンを使っている時の心臓部と言える部分がhdd(ハードディスク)です。ハードディスクのドライブの中にデータを入れたり引き出したりします。また、プログラムの変更を行ったり設定を自由に設定するなど欠かすことのできない要素がhddには全て詰まっているといえます。しかし、hdd認識しないというトラブルが起きた場合には気づいた段階で早急に対応する必要があります。まず、自力でhddの状態が回復するかどうかを試してみます。復元ポイントまで戻ったり、hddのデータ復旧を試みます。ウィンドウズパソコンの場合、OSソフトを再インストールすることも一つの手です。それでもhdd認識しないという場合においては業者に依頼して直してもらうか新しくパソコンを買い換えた上で古いデータを抜き取るかを選択します。

データ復旧ソフトで有名なファイナルデータについて

hdd認識しないというトラブルにおいて自力でデータを復旧できる可能性があるのがファイナルデータと呼ばれるソフトです。これはデータ復元やデータ復旧の定番と呼ばれるソフトです。やり方は簡単で、インストールを行い指示に従い操作するだけです。現在は無料体験版もありますので、インストールしておいて緊急時に操作すると復旧できる可能性があります。ファイナルデータは人気が定着しています。これは、ファイナルデータによりデータ復旧ができる確率がかなり高いことで知られているためです。しかしそれでも復旧できなかった場合においては、無理にやるとますますデータの復旧を困難にしてしまう可能性があります。ですので、そのデータをとりあえず保管しておくことが一つの方法といえます。今無理であっても時間がたてばデータ復旧できるという場合もあるためです。もしもデータ復旧業者に依頼するときには、まともな実績のある業者にhdd認識しないということを依頼しましょう。