パソコンのデータを復活させる方法~救いハ専門家ニアリ~

ハードディスクが故障した際の対処方法とは

名刺の効率化

名刺電子化による効率化

名刺交換によって手に入れた大切な取引相手の名刺はそのまま所持していてもなかなか利用が難しいものです。情報化社会の今日においては人の連絡先は電子化して取り扱うのが一般化しているため、名刺だけ紙媒体として扱うのは効率的であるとはいえません。名刺電子化を行うことによって、手に入れた名刺をより効果的に活用できる情報へと変換することができます。 名刺には数多くの情報が詰まっていることから、名刺電子化を行って取引相手の情報をまとめておくことによって様々な場面で活用できます。連絡先の検索や、同じ企業に勤めている人の検索等、容易に情報を取り出せるようになるのが名刺電子化のメリットです。紙媒体では得られない速さと正確さを獲得することができるのです。

名刺データ入力の方法の現状

名刺電子化を行うためには、名刺に書いてある情報をパソコンに入力していく必要があります。日々行っていればそれほど大きな苦労ではないものの、イベント等で10枚といった単位で名刺を手にしたときにはかなり大きな労働力になります。入力すべき項目が多いからです。 こういった入力は機械化の試みも進んできています。名刺をスキャンしたデータを用いて文字を認識して抽出するという試みですが、現状としてはその精度はそれほど高くはなく、補助的に利用する程度に留まっています。 一方、専門業者に外注して手入力を行ってもらうということもまた一般的になっています。納期として数日はかかることが多いものの、高い正確性で名刺電子化を行ってもらうことができる信頼性の高い方法として広まっています。